大吉のサブスリー日記

2014年2月の北九州マラソンが初レースで5時間36分1秒が悔しくて走ってたらハマりました!長良川河川敷で早朝に走ってます。 フル 2時間50分13秒(2022年1月木曽三川マラソン) ハーフ 1時間20分23秒(2021年3月名古屋シティマラソン)

GWの練習

3週間ぶりです。

書きたいことたーくさんあるのに、なんとなーく書けなくなって時間が過ぎてしまいました。

皆さんのランの記録、心の機微を読ませていただき書きたい気持ちが復活してきました。

まずはGWの記録を。

 

 

ぎふ清流ハーフマラソンのあと4日休んで、4月29日金曜から練習開始。

平日の2日月曜と6日金曜も有給取って10連休ゲット。

いっぱい走るぜー。

 

 

4月29日

20kmEペース 1時間37分25秒(㌔452)

ぎふ清流ハーフマラソンのコースをちょびっと走る。

楽しかったなーと振り返りながら、気持ちいいペースで。

 

 

4月30日

400m×20本インターバル走

設定 疾走84秒(㌔330) レスト60秒ジョグ

結果 86-86-88-86-85-85-86-84-85-86

           86-85-86-87-88-84-88-87-86-85

スピード練習解禁。

84秒はキツイー。

レスト60秒では呼吸整わないー。

近いうちに400mを80秒(㌔320)で20本まとめたい。

 

 

5月1日

14km疲労抜きジョグ 1時間15分7秒(㌔521)

前日の疲労抜き。

小雨の中、軽くジョグ。

気温も高くないし、カラダが濡れて少しヒンヤリ。

 

やっちまった。

ぎふ清流でたくさんと「気をつけなきゃ!」って話してたのに。

故障発生。

 

両乳首をやられる。

雨で濡れたTシャツで擦れてしまってジョグ中盤から違和感を覚える。

Tシャツの前面をつまみながら走る。

 

帰ってシャワー浴びたらくぅぅ沁みるー。

泣きながらお風呂から出る。

バンドエイドでしっかりガード。

身体を洗うときに手を使って洗ってる。

脇を洗うときに高確率で乳首に当たるので細心の注意を払って。

 

 

5月2日

10kmペース走

設定 ㌔400

結果 39分19秒(㌔355)

ぎふ清流前に失敗続きで苦手意識があった10kmペース走。

設定は控えめに㌔400で。

それほどしんどくなく走れた。

ラストも347まで上げられたし。

 

 

5月3日

22kmEペース 1時間56分16秒(㌔508)

名鉄がシンウルトラマンとコラボしていて、駅名に「新」がついている駅はカタカナ表記になってる。

走るのに丁度いい距離なので行ってみた。

 

新木曽川駅

f:id:daikichi1019:20220521152441j:image

f:id:daikichi1019:20220521152448j:image

新那加駅

f:id:daikichi1019:20220521152454j:image

f:id:daikichi1019:20220521152500j:image

特別ウルトラマンが好きなわけではないけど、何か目標があると走れるもんね。

帰りは電車。

 

 

5月4日

15kmEペース 1時間14分26秒(㌔454)

実家に帰って、近くの新可児駅までの往復。

f:id:daikichi1019:20220521152944j:image
f:id:daikichi1019:20220521152941j:image

カタカナのシンカニのポスター見にくい。

 

 

5月5日

ランオフ

朝早めに起きたけど、前日にBBQやら農作業で疲れてしまってたみたいで、戦略的撤退。

二度寝

 

 

5月6日

12kmEペース 58分5秒(㌔449)

ポイント練習のつもりだったけど、疲れを感じるのでEペースで。

 

 

5月7日

400m×20本インターバル走

設定 疾走84秒(㌔330) レスト60秒ジョグ

結果 83-87-84-84-83-83-82-83-84-84

          86-82-84-84-85-85-86-84-84-81

平均するとギリギリ84秒以内。

設定達成やったぜ。

 

 

5月8日

23kmEペース 1時間51分59秒(㌔443)

名鉄「シン」巡り第3弾。

新鵜沼駅

f:id:daikichi1019:20220522123745j:image

帰りは電車。

 

 

10日間中9日出走して、アップジョグなどを含めて合計165km。

結構頑張ったんだけど、裏目標の200kmは未達。

同じ期間で2日休んで、かつ峠を攻められて200km超えのりるさんの偉大さを思い知る。

ポイント練習3回できたのは良かった。

 

春夏で少しずつ鍛えて行こう。

 

 

今日の一言。

「寝言でまおちゃんって言ってたよ。誰?浮気してるんでしょ」

朝起きて開口一番に言われた一言。

むむむむー、これはごめんなさい。

ごめんなさいだけど、知り合いにまおちゃんはいません。

浮気ももちろんしてませんし。

あ、前日に一山麻緒選手のネット記事を見たせいか?

無実の罪なんだけど、無罪の証明ができないのが歯痒い。

【レースレポート】ぎふ清流ハーフマラソン

4月24日に開催された、ぎふ清流ハーフマラソンのレースレポートを書きます。ハーフなのに長いです。

 

 

朝4時30分起き。

家の近くのレースなのに起きる時間は遠征とあんまり変わらないなぁ。

犬の散歩行って、ホットプレートで恒例のホットケーキを焼いて(家族の分はラップして保管)、前日に「雨戸は静かに開けてよね、起きちゃうから」と念押しされていたので、そーっとそーっと雨戸開ける。

そして、「雨が降るから洗濯物は外に出さないで」をちゃんと覚えていたので、室内に置いておく。

のんびり準備してたら出発の時間が迫る。

急いで乳首にバンドエード貼って、土踏まずのキズパワーパッドを貼り替えて、靴下履いて準備完了。

6時20分に出発。

長良川河川敷を経由して会場までチャリで8km。

曇りで涼しくて鼻歌混じりにシャコシャコ漕ぐ。

 

初主催シューズ円陣の為、集合場所の7時に到着。

えいさん (id:eizack) 、あっつんさん(id:shibatsukai) 、たまおさん(id:tamachan76) 、takuさん(id:taku_run)が順にお越しになって嬉しい。

来ていただいてありがとうございますって言いながら、何度もワシはぎふ清流の大会長かって自分自身にツッコミ。

えいさんは名古屋の瑞穂競技場で何度も一緒に練習させてもらってたのでお久しぶり。

あっつんさん、たまおさんはレース中にエール交換したことがあるだけで、ちゃんとお話しするのは初めて。

takuさんは名古屋シティレース中に声を掛けていただいただけで、もちろん初めて。

あっつんさんのラン友さんと、僕の地元のラン友さんのKさんとみんなでシューズ円陣。

f:id:daikichi1019:20220428165251j:image

嬉し恥ずかしヴェイパーで。

焦ってシューズ履き替えた、靴紐の下がグチャってなってる。小学生か。

皆さんともっとお話ししたかったものの、スタートブロック流入可能時間が迫って来ていたので、一足先に向かう。

かなり早く並んだので、招待選手を除いて前から4列目をゲット。

まえ

f:id:daikichi1019:20220429071710j:image

うしろ

f:id:daikichi1019:20220429071737j:image

前に並びすぎたー。

しばらく時間が経ってもあんまり列が伸びてない。

もうちょっとゆっくり準備できたなぁ。

 

近くにいる知り合いに声を掛けつつ、Kさんと今日のプランについて議論する。

㌔3分47秒をキープする一択。

そして80分を切る。

つまりbreaking80(Ryoさんからのコメントから引用)。

ただ直前まで調子が良くなかったので、途中遅れる可能性が高い。

その時は気にせず先に行ってくださいと伝える。

スタートブロックのすぐ横では招待選手がウォームアップしてる。

テンション上がるぜ。

 

スタート前にポツポツ雨が降ってくる。

さすがウチの妻。

僕は昼まで雨降らないと思ってたけど、妻の言う通り朝から降ってきた。

洗濯物出さなくてホントに良かった。

 

そして高橋尚子さんと野口みずきさんが登場。

これまたテンション高まる。

Qちゃんの挨拶。

f:id:daikichi1019:20220429071816j:image
f:id:daikichi1019:20220429071818j:image

思いの外、左側の手話の女性が素敵に撮れてた。

スタート直前。

f:id:daikichi1019:20220429072033j:image

招待選手のすぐ後ろ。興奮。

 

スタート。

ここで大吉を探せ。

f:id:daikichi1019:20220429072130j:image

これで見つけられたあなた、相当な大吉ファン。

 

拡大。

f:id:daikichi1019:20220429072210j:image

これでも分かりづらい。

 

正解は、、

f:id:daikichi1019:20220429072436j:image

赤丸のとこ。

スタートしてるのにマスクしてよそ見して走ってるのはどこのどいつだーい。私だよ!

一緒に走ってたKさんに指摘されて気が付いて、慌ててマスクをポケットに収納。

さ、走りに集中しないと。

 

前に並びすぎたのでものすごいスピードでガシガシ抜かされていく。怖いくらい。

今回一般女子で1位を取られたエリーさんにも抜かされて、ダッシュで追いついて無理やりエール交換させてもらう。

そこからは347の巡航開始。

エプソンの5kmまでのラップ

f:id:daikichi1019:20220429073134j:image

339-344-345-342-344

 

少し速い。

ただ1kmごとの立て看板と、エプソンの1kmがあってなくて、50mくらい早くエプソンがピロピロなる。

不安になるのでエプソン表示が347より速くてもペース落とさず走る。

名古屋シティのように3分30秒ペース連発で突っ込むことなく冷静に入れた。

 

トップ選手とスライド。

今回は高久龍選手に狙いを定めて、ファイトと声掛け。

カッコいいぜ。

折り返してえいさん、takuさん、あっつんさんとエール交換。

たまおさんは見つけられず。残念。

 

6〜10km

f:id:daikichi1019:20220429073648j:image

345-345-345-345-341

 

しっかりキープできた。

Kさんと並走したおかげで速くも遅くもなくちょうど良いペースで走れたと思う。

5km過ぎあたりでKさんのご家族がパパがんばれー!と熱いエールを送っている。

いいなぁ。ウチの家族、まだきっと寝てまっせ。

川原町の古い街並みでは両サイドから地元の皆さんの温かい応援。

嬉しいなぁ。

 

10kmあたりでKさんが遅れる。

あれ、大丈夫かなと思ってたけど、僕が速すぎたんだ。ごめんなさい。

 

11〜15km

f:id:daikichi1019:20220429074537j:image

342-349-349-340-343

 

雨がポツポツからパラパラに変わって少し強くなる。

雨は好きじゃないけど、かんかん照りで暑いより全然良い。

むしろ水をカラダに纏って涼しいじゃないかー。

 

中間点あたりで、いつも一緒に練習するSさんからの熱烈エール。

行けるよ行けるよと並走しながら励ましてくれる。

並走応援嬉しいなぁ。

このあたりから苦しくなってくると予想していたけど、まだスピード維持できそう。

12、13kmと349と少し遅れるも、まだ余裕がある。

この辺りで僕の後ろにいたランナーが横入りするみたいに僕の目の前に。

確かに真後ろでゼーハー言いながらついてるランナーがいるなぁと思ってた。

これは引っ張り返してくれてるんだー嬉しい。

そう気付いて「ありがとうございます」と声掛けて話すと、どうやら73分目標のはずが謎の走らなさで粘ってるとのこと。

格上ランナーと一緒に走れるのは助かる。

ぎふ清流、最大の難所と思われる千鳥橋を彼のおかげで比較的楽に乗り越えて、折り返し。

まだ行けるぜ。

この辺りで前のブログで書いた、一緒に走れたらいいなと思っていた女子招待選手の渡辺選手に追いつく。

彼女のハーフの持ちタイムが僕の目標タイムと近かったのでチカラを借りられればと思っていたら、撃沈気味だったのでつかずにパスさせてもらう。

その時に「渡辺選手、ファイト」と声を掛けるもコチラをチラッと一瞥し、なんだこのオッサン。と思われた感じがしたので恥ずかしくなって、自分の走りに集中し直した。

 

16km〜ゴール

f:id:daikichi1019:20220429101852j:image

347-341-341-346-341-343-50

 

大型の扇風機がミストを振り撒いてる。

ありがたい。

けど、今は小雨が降ってて暑くないのよ。

むしろ涼しいくらい。

つかせてもらってた73分目標格上ランナーは、しっかり浴びに行ってたけど、僕は遠慮して逆側を走った。

 

余裕はないけど、まだペース維持できそう。

沿道の応援も増えてきて、元気もらえる。

このまま行けば80分にギリギリ滑り込めそう。

行けるとこまで行ってやろう。

 

19kmを越えて、残り2kmの看板発見。

エプソン見ると確か1時間12分8秒。

やばばー。

あと2kmを㌔400未満で走らないと80分切れない。

少しだけ貯金あると思ってたけど、ギリギリのラインだったんだー。

かなりキツくなってきてるけど、粘るのよ。

20km地点を過ぎたあたりでKさんに追い付かれる。

途中は振り返ると見えるあたりにいてキツそうな感じだったのに、ラストスパートであげてきた。

すごいな。

僕もペースダウンしてるわけじゃないのに、サクッと置いていかれる。

ついていけないー。

10mくらい前の彼の背中を追いかけてダッシュ

ゴールの競技場が見えてきた。

角を曲がるとQちゃんが名前呼んでくれる。

あと少しですよー、嬉しい。

できるだけのラストスパートして、ゴールに左側に設置されてる時計には1時間19分と表示されてる。

間に合ったー。

ゴール。

f:id:daikichi1019:20220429120142j:image

もっと、いっぱいに手を広げてゴールラインを越えてたと思ったら、中途半端。

太陽の塔っぽいな。

f:id:daikichi1019:20220429120443j:image

 

 

f:id:daikichi1019:20220429120118j:image

先にゴールしてたKさんと健闘を讃えあう。

ゴールシーンの動画を見たら、何故か僕のお尻だけ濡れてる。

お漏らししたわけじゃないのよ。

 

えいさん、takuさんがゴールされて写真撮影。

f:id:daikichi1019:20220429121239j:image

※えいさんのブログから拝借いたしました。

 

あっつんさん、たまおさん、しょうじさんのお迎えをして各々の記録で喜び合う。

みなさん、ゴールされた後も21km走ったんですよね?ってくらい元気で。

僕もテンション上がって疲れを忘れて。

 

更衣室は男女別(当たり前)なので、お別れのグータッチ。

しょうじさんとあっつんさんの初めましてのグータッチで笑わせてもらって。

更衣室と名乗ってるけど、実は野球場のスタンドで屋根があるとこでお着替え。

いろいろお話しして部室感満載で笑っぱなし。

楽しいぜ。

カバンをガサゴソしてたらカフェイン発見。

オーノー完全に飲み忘れた。

飲んでたらタイムがあと30秒は速くなってたはず、かな?

みなさんと再会を約束して解散。

 

さー、雨の中チャリで帰りましょう。

それほど強く降ってないのが救いだけど、寒くて寒くて。

家に着くと丁度妻と息子が車から降りてくる。

コインランドリーに行ってたとのこと。

妻「早かったね」

僕「そうかな?」

妻「もっと遅く帰ってくると思ってた」

僕「あ、ハーフマラソンだからかな。」

妻「今日フルマラソンじゃないんだ、なんで?」

僕「、、、」

熱いシャワーを浴びて、キズパワーパッドが貼ったはずのところから踵の方まで移動してた。

でも新たな水膨れはなし。

シャトレーゼのプリンを3つとtakuさんからいただいたハーバーを食べてリカバリー。

ハーバーうまいんすよ、大ファン。

takuさんありがとうございます!

 

 

結果↓

f:id:daikichi1019:20220429123438j:image

グロス 1時間19分21秒

ネット 1時間19分16秒

 

ラップ

f:id:daikichi1019:20220429123657j:image

5kmのラップは安定していて、最後までほぼイーブンでいけた。

 

裏目標の一般の部で25位入りは達成ならず。

今年の25位は77分台。かすりもせず。

80分切り出来たけど、25位に入れなかったのは参考にした記録は2019年のもので、その時は厚底シューズも今ほど普及してなかったし、今回は涼しくて記録が出やすかった背景があるのかな。

 

実力的にも体調不良だったこともあって、今回の80分切りは自信がなかった。

けど、ヴェイパーと4月下旬ではあり得ない涼しさでなんとか目標達成できた。

コレは素直に自信にして、改めてこれから上積みできるようにやっていこう。

 

 

いやー、それにしても大好きな皆さんとレース前、レース中、レース後も時間を共有できて、サイコーに楽しいレースだったなぁ。

30代最後にニヤける思い出ができて嬉しい。

 

またレースで楽しい思いをする為に日々頑張ります。

以上、2022年ぎふ清流ハーフマラソンのレースレポートでした。

ぎふ清流ハーフマラソンの走り方

4月24日日曜日に開催されるぎふ清流ハーフマラソンの走り方を書いてみます。

f:id:daikichi1019:20220422161625j:image

今シーズン最後なのか、新シーズン最初なのか分からないけど、これ以降はしばらくレースの予定なしだし、30代最後のレース。

しっかり走って納得のいく結果を残したい。

過去2回挑戦して跳ね返された80分切りを3度目の正直で達成したい。

なので、目標は79分59秒一択。

 

とは言え、マイナス材料として

・3月下旬から続く不調

・体重管理の不徹底

・未暑熱馴化

がある。

 

先週の日曜に復調の兆しが見えた。

プラス材料としては

・ヴェイパー投入

・地元レースで知り合い多くてテンション↑

・よく知ってるコースでポイントが分かってる

この辺を信じて㌔347で行けるところまで行ってみるしかない。

そして、レース前のシューズ円陣でエール交換してテンションMAXで、アイキャンドゥーイットを呟き続ける。

上手くいけばレース中にスライドもできるし。

 

 

あと女子の招待選手にベスト記録が79分41秒、愛知電機所属の渡辺萌梨選手がエントリーされてるので、渡辺選手についていくって言う作戦もありかも。

ただ、39歳のオッサン市民ランナーが19歳の実業団選手の後ろにつくことは法に触れないか少し不安はある。

スタートブロックでは出来るだけ前を陣取って、招待選手の近くに行けたらいいな。

 

密かな目標として一般の部男子(陸連登録選手を除く)の25位以内に入ること。

例年、リザルトは25位までがPDFの1枚目に表示される。

今回も同じであるならば、1枚目に名前を記載してもらって息子に自慢したい。

ちなみに前回の25位は1時間20分13秒。

f:id:daikichi1019:20220422165144j:image

僕の目標タイムと紙一重

もちろん周りの選手や天気との兼ね合いもあるけど、やっぱり80分切りを目指さねばなるまい。

 

戦闘服はいつも通りのはてブロノースリーブブルーに、ヘッドバンド。

ただいつもと違うのは足下にはヴェイパーを装備していること。

初装着では両土踏まずにデッカい水脹れをこさえてしまったけど、必死のケアでボチボチ回復したし、当日もしっかり防御して臨みたい。

一番の対策は靴下を履くこと。

今までは裸足でシューズを履いてたけど、ラン友さんに水脹れできたーって話したら、靴下履きなさいとツッコミをもらった。

別のシューズでジョグではあるものの靴下履いたら守られてる感が半端なくて当日も大丈夫そうな予感。

足下に武器を手に入れたので、もう言い訳はできないぜ。

今回こそ80分切りだぜ。

 

の、前に先ほどPCR検査に。

ものすごく空いてて、会場入りから帰るまで10分くらい。楽チン、助かるー。

陰性でありますように。

 

速報結果に、乞うご期待!

そして、当日ご一緒いただける皆様、よろしくお願いいたします!

4月17日 10km走

4月17日日曜日は10km走でした。

 

地元のラン友さんとの練習会。

僕以外の2人は㌔345で入って、340まで上げるプラン。

悔しいけど、今の僕には到底無理なスピードなので大人しく㌔400で後半上げられたら上げる設定とした。

 

そして、今回はなんと念願のヴェイパーデビュー。買っちゃったもんね。

f:id:daikichi1019:20220418153005j:image

皆さんにアドバイスをいただき、虎視眈々と狙っていた。

もちろん妻から購入の許可があるわけもなく、この為にメルカリデビューして中古品。

出品者曰く走行距離は200kmほどとのこと。

5500円をお小遣いで支払って、届いた時には小躍り。

お待たせしました。お待たせし過ぎたかもしれません。

満を持し過ぎ。

ヴェイパーで不調から復活のキッカケを掴めたら。

アップジョグの時から履いてみる。

おおー、コレが反発ってやつか。

ビョンビョンするぜ。

悪損では一切感じられなかった感覚。

言い古された表現かもだけど、コレはドクター中松ジャンピングシューズや〜。

f:id:daikichi1019:20220418151423j:image

さて、このビョンビョンを推進力に変えられるか。

 

 

結果↓

f:id:daikichi1019:20220418151118j:image
f:id:daikichi1019:20220418151115j:image

10km 38分27秒 ㌔3分51秒

※ゴールしてから30秒間は時計止め忘れ。

 

コミ通りヴェイパーはすごかった。

しかし良かったー、㌔400未満で走れた。

3km位までは撃沈が怖くてしっかり様子見。

それ以降少しは㌔400をキープしてるつもりが少し速くなる。

 

2分遅れでスタートしてたラン友さん達に8km地点で追い付かれて、そこから並走。

行けるとこまでついていこうと思ってたらフィニッシュまでいけた。

お陰で9km、10kmは335。

ホント良かったー、一安心。

復調の兆しなのか、ヴェイパー効果なのかよく分からないけど走れた。

でも聞いてた通りストライドが広くなった感じがするし、カラダが軽かった。

うまく表現できないけど、速く走れるシューズに間違いなさそう。

 

で、1kmジョグで繋いでおかわりの1km走では318で走れた。

コレもかなりの吉報。

 

 

ただ好走の代償はデカく、両土踏まずに500円玉サイズの水膨れ爆誕

f:id:daikichi1019:20220418152331j:image
f:id:daikichi1019:20220418152328j:image

痛いってー。

 

帰ってすぐのシャワーではなんともなかったけど、寝る前のシャワーで破れた左側にお湯が沁みて痛くて痛くて、北斗の拳ばりにアタタタタタ言ってた。

キズパワーパッドと塗り薬を緊急購入してケア。

早く治さねば。

 

 

 

レースシューズ変えたので履かなくなった悪損欲しい人います?笑

ジョグシューズにしようかなー。

 

 

 

今日の一言。

『フレンチってイタリア料理のこと?』

飼ってる犬がフレンチブルドックで、フレンチの意味が分からないと言うので、海外の料理でよく聞くじゃんとヒントを出した時のひと言。

、、これはヤバい。

フレンチはフランスでしょうが。

驚き過ぎて笑えなかった。。

ぎふ清流 シューズ円陣のお誘い

長野、かすみがうら富士五湖の皆さんの熱い走りに、僕も藤井隆ばりのホットホットになってます。

皆さんの頑張りに触発されて、やろうかどうか悩んでたことをやること決めました。

、、シューズ円陣!

 

 

来週24日日曜日に開催されるぎふ清流ハーフマラソンのシューズ円陣のお誘いです。

もしご都合よろしければお越しくださいー。

 

○場所

で愛ドームの西側(2階と言うか、上です。青空の下。)

f:id:daikichi1019:20220418104230j:image

f:id:daikichi1019:20220418104237j:image

赤マルのところです。

 

○時間

7時20分頃。

7時前には現地にいようと思ってます。

目印になるように名古屋シティマラソンの参加Tシャツ着ておきます。オレンジ。

あと(ダサいと妻に言われている)ヘッドバンドと走る前なのでメガネしてます。

f:id:daikichi1019:20220418104647j:image

 

エール交換、エイエイオーして、テンション上げてレースでベストが出せたらと思います。

 

お渡ししたい、岐阜のお土産やランナー向けのモノも準備します(モノで釣る作戦)。

 

皆さんのお越しをお待ちしてまーす!

ぎふ清流ハーフマラソンのコース紹介

4月24日日曜に開催されるぎふ清流ハーフマラソンのコース紹介をしてみます。

こんなコース。

f:id:daikichi1019:20220415194305j:image

なんてったって地元のレースで、普段の練習で走るところがコースの一部になってるのよ。

人より詳しいはずなので写真多めでざっくり紹介。

 

コースは大体3つに分けられる。

前半→市街地エリア

中盤→長良川を上流に進む

後半→長良川下流に進む

 

 

 

スタートブロックではA、Bブロックの待機場所のすぐ横にサブトラックがあって、招待選手のアップが見られる。

今回だと設楽悠太選手、土方英和選手、佐藤悠基選手、高久龍選手、岩出玲亜選手達がウォームアップしてるはず。

これは興奮する。

スタート前のテンション上げにはモッテコイ。

f:id:daikichi1019:20220413170241j:image

 

 

スタートゲートのない、スタート地点。

f:id:daikichi1019:20220413170319j:image

当日は高橋尚子さんがココで見送ってくれるはず。

 

スタートしてすぐに左折。

岐阜駅方面に南下。

長良川にかかる金華橋を越える。

f:id:daikichi1019:20220413170409j:image

橋の手前で少し上り、橋の後に少し下り。

f:id:daikichi1019:20220413170515j:image

岐阜駅までは下り基調。

駅までに左に最近立て替えた岐阜市役所や岐阜高島屋がある。

f:id:daikichi1019:20220413170442j:image

f:id:daikichi1019:20220416203603j:image

この辺りで、折り返してきたトップ選手とすれ違えるので中央線に寄るのがオススメ。

折り返しは岐阜駅北側の金の信長像を見ながら。

f:id:daikichi1019:20220413170558j:image
f:id:daikichi1019:20220413170554j:image

背中で何かを語ってる。

 

若干の上り基調を金華橋まで戻る。

f:id:daikichi1019:20220413170639j:image

金華橋は渡らずにここからはラスト1km前まで長良川沿いをひたすら進む。

川原町は古い街並みが見られる。

f:id:daikichi1019:20220413170721j:image
f:id:daikichi1019:20220413170727j:image
f:id:daikichi1019:20220413170717j:image
f:id:daikichi1019:20220413170724j:image

長良橋

ココを抜けるとガッツリ川沿い。

前半終了。中盤突入。

上流方向なので若干の上り基調。

右に金華山の上にある岐阜城を見ながら、山の北側を走る。

以前ははイチゴのエイドがあった。

 

ココは少し上りがある。

f:id:daikichi1019:20220413170816j:image

そして鵜飼大橋の下をくぐる。

f:id:daikichi1019:20220413170834j:image

くぐると丁度コース中間点。

ザ・風光明媚感を味わいながら、千鳥橋まで東進。

f:id:daikichi1019:20220413170901j:image

千鳥橋がなかなかの難敵で、急カーブと急勾配のミックス。

f:id:daikichi1019:20220413170930j:image
f:id:daikichi1019:20220413170927j:image

特に橋を渡ったとこが結構な右回りと下りのコラボで脚にくる。

f:id:daikichi1019:20220413170947j:image

ココから西へ。後半戦。

下流方面=下り基調。

左手に長良川を見ながら若干のアップダウンをやり過ごす。

f:id:daikichi1019:20220413171010j:image
f:id:daikichi1019:20220413171013j:image

左に下る。

f:id:daikichi1019:20220416203959j:image

川沿いの整備された道を進む。

普段は十六銀行の大応援団がいるあたり。

f:id:daikichi1019:20220416204055j:image

高橋尚子ロードを左に見ながら進むと、いつもなら高橋尚子さんがハイタッチしてくれるゾーン。

 

金華橋南側を右折。

f:id:daikichi1019:20220416204207j:image

20km手前。

スタートしてから来た道を逆走して右折。

 

ゴールはこのシャッターが上がった向こう側。

f:id:daikichi1019:20220416204343j:image

陸上競技場のトラックを100mほど走ってフィニッシュ。

 

4月後半で暑さが敵になるし、河川敷だから風が強い日が多いに注意。

ちなみに今日は結構な西からの風だった。

当日は涼しく、無風で有りますように。

 

写真で説明は難しいな。

参加される方の参考になると嬉しい。